広島にある複数の男性専門クリニックで、ザガーロを含むAGA治療が充実しています!

広島でザガーロを使ったAGA治療を受ける際に知っておくべきこと

広島ザガーロを使ったAGA治療を受ける際に知っておくべきこと

AGAとは、男性型脱毛症のことで、男性だけでなく、女性にも起こることがあります。AGAの症状は、徐々に頭髪が薄くなり、薄毛が進行していくことです。AGAには、頭頂部や前頭部に薄毛ができるパターン、全体的に薄毛になるパターンなどがあります。AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、酵素の作用によってジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、このDHTが毛根を縮小させ、血流を悪化させることで脱毛が進行することが原因です。

広島でAGA治療を受ける場合、ザガーロがよく使われます。ザガーロは、デュタステリドという成分を含む治療薬です。デュタステリドは、DHTの生成を防ぎ、毛根の縮小を抑える作用があります。ザガーロは、1日1回、直接口に投与されます。治療期間は、個人差がありますが、6ヶ月以上継続することが望ましいです。

ザガーロを広島で受ける場合、初診の際には、診察を受けます。診察では、髪の毛の状態や、頭皮の状態をチェックします。また、頭痛や血圧の異常がある場合には、投与を中止することもあります。ザガーロは、副作用がある場合があります。主な副作用は、性欲の低下や勃起障害などです。また、女性には、妊娠中や授乳中には使用しないように指示されます。

広島のAGA治療では、ザガーロを併用することで、効果が高くなります。併用する治療法としては、プロペシアやミノキシジルなどがあります。プロペシアは、フィナステリドという成分を含む治療薬で、DHTの生成を抑制する作用があります。ミノキシジルは、血流を改善する作用があり、毛根に栄養を与えることができます。

広島のAGA治療でザガーロを使用する場合、来院の際には、事前にメールや電話で受付をすることができます。受付では、治療の詳細や治療費用について案内されます。治療費用は、程度によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円程度です。また、広電でのアクセスも便利であり、八丁堀駅から徒歩圏内にある治療院もあります。

AGA治療を受ける際には、治療院の公式サイトや口コミサイトをチェックすることもおすすめです。治療院によっては、美容カウンセリングやレーザー治療、バイオファイバー治療など、さまざまな治療法を取り扱っています。また、植毛治療にも力を入れている治療院もあります。植毛治療は、AGAが進行している場合でも可能です。

治療する前に、副作用や使用方法についてしっかりと説明を受けることが大切です。また、併用する治療法や治療費用についても、事前に確認しておきましょう。AGAの進行を食い止めるためにも、早めの治療が大切です。

© 広島にある複数の男性専門クリニックで、ザガーロを含むAGA治療が充実しています!